対応機種
    ホーム > 文学 > ドイツ文学
おおかみと七ひきのこやぎ
著者 楠山正雄
出版社 パンローリング
発行日 2009.12.09
図書タイプ Audio Book
対応機種
あるところにお母さんやぎと7匹の子やぎが暮らしていました。ある日、お母さんやぎは森へ出かけていく時に、こどもたちを呼んでこう言います。「かあさんが森へ行ってくる間、気をつけてよくお留守番してね、決してオオカミをうちへ入れてはならないよ。あいつは、おまえたち残らず、まるのまんま、それこそ皮も毛もあまさず食べてしまうのだよ。あの悪者は、分からせまいとして、時々、姿を変えてやってくるけれど、なあに、声はしゃがれて、ガアガア声だし、足はまっ黒だし、すぐと見分けはつくのだからね」…。おなじみ誰もが知っているグリム兄弟の名作童話です。おかあさんが留守の間にやって来たオオカミは、あの手この手で子やぎたちをだまそうとしますが、小さな子やぎたちは知恵と勇気を絞って大きなオオカミに立ち向かいます。オオカミと子やぎたちの知恵くらべをオーディオブックでお楽しみください!(C)青空文庫
あるところにお母さんやぎと7匹の子やぎが暮らしていました。ある日、お母さんやぎは森へ出かけていく時に、こどもたちを呼んでこう言います。「かあさんが森へ行ってくる間、気をつけてよくお留守番してね、決してオオカミをうちへ入れてはならないよ。あいつは、おまえたち残らず、まるのまんま、それこそ皮も毛もあまさず食べてしまうのだよ。あの悪者は、分からせまいとして、時々、姿を変えてやってくるけれど、なあに、声はしゃがれて、ガアガア声だし、足はまっ黒だし、すぐと見分けはつくのだからね」…。おなじみ誰もが知っているグリム兄弟の名作童話です。おかあさんが留守の間にやって来たオオカミは、あの手この手で子やぎたちをだまそうとしますが、小さな子やぎたちは知恵と勇気を絞って大きなオオカミに立ち向かいます。オオカミと子やぎたちの知恵くらべをオーディオブックでお楽しみください! (C)青空文庫
PRE NEXT PRE NEXT PRE NEXT