対応機種
    ホーム > 文学 > その他の諸文学
オデュッセイア(上)
著者 ホメロス/呉茂一訳
出版社 グーテンベルク21
発行日 2005.01.01
図書タイプ XML
対応機種
古代ギリシアの叙事詩。トロイアの陥落後、帰路についたオデュッセウスは単眼巨人ポリュペモスの島に着く。仲間を食われたオデュッセウスはポリュペモスの目をえぐって脱出するが、ポリュペモスの父親、海神ポセイドンの怒りをかい、以後故郷へたどりつくまで10年間の長い放浪苦難をよぎなくされる。女神カリュプソによる7年の幽閉、人を豚に変える魔女キルケ、美しい歌声で誘惑するセイレネス、恐ろしい怪物スキュレとカリュプデスらとの遭遇と闘い、そしてようやくたどり着いた故郷イタケでは、妻ペネロペイアに言い寄り、その家を我が物顔に占拠利用するやくざな求婚者どもと闘わなければならなかった。
PRE NEXT PRE NEXT PRE NEXT